スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立水栓計画 ~ 立水栓増設

Category : DIY立水栓
こんばんは~ひまじんです

みなさんGWはいかがお過ごしですか?

私はちょっと茨城県を北上したぐらいでどこも行っておりません

そんなわけでちょっとDIYに勤しんでおりました♪

今回は今ある立水栓をレンガにの立水栓に変えようと思います

っとその前に

レンガの立水栓を作る前に、水道管を分岐させて後ろにも水道を作ることにします

作っちゃうと後々分岐させるの面倒なので

っということで、まずは土を掘っていきます!!

CIMG0151.jpg
CIMG0152.jpg

家の西側を通していきます。東側は玄関なので無理でした

深さは大体20cmで長さは16mぐらい。

結構掘った

写真見てわかるかな?上の方の写真ですが、穴掘るとき確認しないでガツガツ掘ってたら

雨水の排水管をバキッ!!とやっちゃいました

余計な仕事を増やしてしましました・・・。みなさん掘るときは色々注意しましょう笑

さて、近くのホームセンターで材料を調達です。

水道管は内径16mmを購入したんですが、帰ってきてから見てみたら・・・・

13mmの管だったんです追加で13mmの管と16mmと13mmを繋ぐ

異形継手を購入しました。

みなさん購入の際はちゃんと確認して購入しましょう!!二度手間でした。

それでは管を繋げていきます。

CIMG0153.jpg

上の写真は直線の継目です。曲げる時はL字(エルボー)を使用してください。

CIMG0154.jpg

継手の中に接着剤を塗ります。今回使用してるのは管用で耐衝撃用の接着剤です。

普通のと何が違うのかわかりませんが、素人なので黙って後ろの注意事項に従います笑

普通の接着剤に、耐熱・耐衝撃用で使用しないで下さいと書いてありました。

継手の内側に塗れたら管にも一周塗って、少し回しながら一気に差し込みます。

躊躇してると接着剤が固まって動かなくなります。

差し込んですぐ手を離すと管が少し戻ってしまうので、少し抑えたままにして離します。

CIMG0155.jpg

こんな感じ

裏庭の立水栓を繋げていきます。

CIMG0156.jpg

1000円ぐらいで売ってました♪

CIMG0157.jpg

まず下を繋げていきます。

CIMG0159.jpg

これで接続します。このネジ山に

CIMG0160.jpg

シールと呼ばれるテープで巻きます。

CIMG0161.jpg

ネジに対して時計回りでシールを8周ぐらい巻けばOK

巻きすぎても少なすぎても漏水の原因になるので注意です。

これは管と繋ぐ前に立水栓に付けます。そうしないとねじ込めません

CIMG0162.jpg

こんな感じで繋がりました♪

CIMG0172.jpg

蛇口もこんな感じ。付けた時の撮ってなくて水が出たところしかなかった・・・。

蛇口の付け方もさっきのシールを巻いて付けます。

注意いするところは、付けるときに回しすぎて捻るところが下とかに来ちゃったからって

戻したりすると、それでシール部分がゆるくなって水が漏ってきます。

回しすぎに注意です。

蛇口が繋がったら分岐させていきます。

まず元栓を閉めてから分岐する管を切ります。

CIMG0166.jpg
CIMG0168.jpg

排水の管は邪魔だったので切っちゃいました。

分岐するT字の継手で分岐させます。あとはさっきと同じ手順で繋げます。

CIMG0169.jpg

こんな感じで分岐出来ました

初めての配管だったので、あれが足りないこれが足りないになってスゴイ大変

かなり無理やり分岐してます

でも取りあえずは水が出たので上出来です♪

これで裏庭にも水が出るようになったので、畑の水やりが少し楽になりました

次はレンガワークになりま~す♪






↓ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

すげー☆☆
何だか良く分からないけど、すげー☆☆☆
本当に何でも出来ますね!!

ひまじんさん邸はお庭のあちこちに木や花がある様なので、これで楽に水があげれますね。
さすがです!!

鳥さんかわいいし♪
レンガワークも楽しみにしてますね。

リィさんへ

初めてだったんで苦戦しましたど、何とか水漏れないんで良かったです♪

今までの水撒きより、前に回る少しの時間ですが朝の忙しいときには貴重な短縮になりました(*>w<*)♪


非公開コメント

  

プロフィール

夢見る桃のフルーニュ

Author:夢見る桃のフルーニュ
23歳で家を建てることが出来ました。
そんな我が家を建ててくれたセレクトホームの超高気密・高断熱の家。
土地探しのときの話から、家を建ててるときの話、その他もろもろな話まで、ひまじんと桃の家づくりを紹介します。

ときには、虹の橋を渡ったあずきの思い出も。

いくつになったの

蝶が舞うリースの時計

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。